はじめにお読みください!

1.人口減少社会への大転換

    ◆日本の経済環境は、1960 年の前後からの高度成長期、1990 年の前後からのバブル経済期、 その崩壊後の低成長期と変化しました。この動きのなかで、経済の基礎となる人口は、明治 維新時の約 3,300 万人から約 4 倍の 1 億 2,800 万人を越え、太平洋戦争期を除き、ずっと 右肩上がりに増加し続けてきました。
    ◆日本の経済を支え続けた人口は、2005 年の前後をピークに人口減少局面に入り、今後 30 年以内に 1 億人を切ると推計されています。こうした急激な人口転換の経験は、世界におい てもまた過去の歴史のうえにも、かつて無かったに違いありません。
    ◆2010 年の前後から、日本の都市を取り巻く状況は、大きく変わりました。この大転換は、 最初に地方都市の生活環境を刻々と変貌させました。この頃から「都市/まちづくり」の世 界には、これまでになかった言葉が並び始めました。コンパクトシティ、限界自治体、空き 家・空き地、リノベーション、公共施設の廃止、稼ぐ力、フローからストックへ、建てない 建築など。
    ◆人口減少社会の「都市/まちづくり」では、これまでの法則が成り立たなくなっています。

日本の人口推移・国交省作成

2.人口減少社会の「都市/まちづくり」とは?

    ◆このような大転換だからこそ、都市/まちづくりは「我々はどのようなまちに住みたい のか、どのような生活を望んでいくのか」という初心を取り戻すこと、つまり「まちの原 点に立ち戻ることからのスタート」が大切です。
    ◆また一方で、このような大転換では「まちの文化を再生させること」や「歩行者中心に 再編すること」を基本に「まちの個性や魅力を高めるビジョンづくり」が求められます。
    ◆このような動きのなかで、まちの原点に立ち戻り、その個性や魅力を高めるためには、 こだわって守らなければならない「エリア(都市空間)」があります。それは、必然的に、これらの要素が集まる「まちの成り立ちとなった都市の歴史的骨格」です。
    ◆人口減少社会のなかで、地方公共団体が一番に取組むべき「都市/まちづくり」は、「ま ちの成り立ちとなった都市の歴史的骨格に活力を吹き込むこと」で、まちの個性や魅力を 高めることです。

3.なぜ、メインなストリート(Main Street)が大切か?

    ◆日本の都市/まちは、社寺と参道、鉄道駅と駅前通り、城と街道、物流拠点と交易道など 「拠点+ストリート」から発展し、都市の骨格が作られてきました。我々は「拠点+ストリ ート」から構成される都市の歴史的骨格を「メインなストリート」と名づけました
    ◆市民の心の中には、メインなストリートが光り輝いていた当時の「共通の思い出」がパブ リックイメージとして残っています。そのため、メインなストリートは、パブリックプライ ドを結集しやすく、多くの市民にとって「都市/まちづくり」の象徴となる「エリア(都市空 間)」なのです。
    ◆メインなストリート(Main Street)は「まちの成り立ちとなった都市の歴史的骨格」であ り、活力を吹き込むことで、まちの個性や魅力を高めるべき重要な「エリア(都市空間)」です。

メインストリートWEBのコピー